英検準1級単語ドリル 黒猫版



QRコード

QR

検索フォーム


最新記事


最新コメント


関連広告


カウンター


カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ


■ フリースペース ■

フリースペースです。
好きな事をご自由に書いて利用してください。

尚、不要な場合は「HTML編集」の<!-- フリースペースここから -->~<!-- フリースペースここまで --> を削除してください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「私のターンね。ドロー」



稲穂が手札を見る。



「罠発動。シャドウ・マジック-ブラック・ウィンド。


ジミィを手札に戻すわ」



魔術師を回収しないと、上級モンスターの召喚に使われる可能性がある。



「私は手札からドラゴニック・シュートを発動。


自分フィールドにモンスターが存在しない時、手札を1枚捨てる事で


自分のデッキからドラゴン族モンスター1体を墓地に送り、


相手に800ポイントダメージを与えるわ。


私はミンゲイドラゴンを墓地へ送る」



カードから火球があたしに向かって放たれる。あたしは反射的に目をつむった。



遊里 LP 4000 → 3200



なかなかなダメージ量ね。このままだと一気にライフを削られる可能性もある。



「さらに私はトランスフォーム・ワイバーンを召喚」



トランスフォーム・ワイバーン ATK 1700



「そして手札から魔法カード、ブラック・ローズ・フレア。



自分の場に炎属性のドラゴンがいる時



相手の守備表示モンスター1体を破壊しその攻撃力分のダメージを与える」



「うわっ!」



遊里 LP 3200 → 2500



「まるでバーンデッキねぇ」とあたしはため息をついた。



「まぁそんな所もあるかな。私はこのままターンエンドね」



「あたしのターン、ドロー」あたしはカードを引いた。



手札が4枚で相手の場には攻撃力1700のモンスター。



できるだけ手札消費は押さえたい所だけど・・・・・・ここは強気に行くか!



「シャドウ・マジシャン アニィを召喚」



シャドウ・マジシャン アニィ ATK 600



「アニィの効果で手札からジミィを特殊召喚」



これで場に2体のモンスターが揃った!



「あたしはレベル2のジミィにレベル2のアニィをチューニング。



黒き影よ、翼となって飛び立て!シンクロ召喚、シャドウ・マジシャン カオス・ウィング!」



カオス・ウィング ATK 1800



「来たわね、ついに・・・・・・」



「ええ、行くわよ!カオス・ウィングで攻撃!ミラージュ・フェザー」



翼を纏った魔術師が相手に向かって羽根を飛ばした。



「うぅっ・・・・・・」



稲穂 LP 3700 → 3600



「あたしはこれでターンエンドよ」



「うん、面白いわね、遊里!シンクロの凄さ、見せてもらったわ!」



「うん、そうでしょ、やっぱり」とあたしも答える。



あたしも最初は使いこなせるか不安だったんだけどね。



「そう!それでこそ倒しがいがあるわ」



えっ。



「やだなー。まだ倒させないわよ」と半分ふざけて答える。



「もーう。本当に本気なんだから!私のターン、ドロー」



稲穂、そう簡単にあたしのシンクロは打ち破れないはずよ。



「墓地のミンゲイドラゴンの効果発動。このカードを自分の場に特殊召喚する」



現れたのは何だか奇妙な姿のドラゴン。モンスターのリリースに使うつもりだろうか。



「ミンゲイドラゴンはドラゴン族モンスターのアドバンス召喚に使用する時


このカード1枚で2体分のリリースとする事ができるわ。



ミンゲイドラゴンをリリースし・・・・・・



来て、ダイヤモンド・ドラゴン!」



あたしは現れたモンスターから放たれる光から反射的に目をかばった。



ダイヤモンド・ドラゴン ATK 2100



「さらに永続魔法、一族の結束!」



ダイヤモンド・ドラゴン ATK 2100 → 2900



「攻撃力2900・・・・・・」



「バトルよ!ダイヤモンドドラゴンでカオス・ウィングを攻撃!」



ダイヤモンドドラゴンが光り輝く息を吐いた。



遊里 LP 2500 → 1400



「うわぁっ」と思わず声が漏れる。



「やった!シンクロモンスターを倒したわ」



あたしの前で喜ぶ稲穂。



「まだよ・・・・・・カオス・ウィングの効果。


このカードが相手によって破壊され墓地へ行った時、


自分のデッキから攻撃力1500以下の魔術師を


自分か相手のフィールド上に特殊召喚できる。



あたしはシャーリィを特殊召喚する」



「倒してもまた次のモンスターが出てくるって事ね」



シャドウ・マジシャン シャーリィ DEF 1000



「どう?シンクロに対抗するために高い攻撃力を持つカードをデッキに入れたのよ。


なかなかでしょ?」



「確かに強いわね・・・・・・。凄いわ。


でもね、あたしはもっと強いモンスターを出してみせるわ」


一体どういう事なのよ・・・・・・



あたしは頭がおかしくなったみたいに一つの事を考えていた。



稲穂とデュエル。



今まで何回もデュエルをした事はあったけどこんなに変な気持ちは初めてだった。



あの時の稲穂の顔・・・・・・



あたしは昼休みの第二体育館へと入る。



今まで見てきた昼休みの光景が異質なものに見える程


あたしの心は落ち着かなかった。



ひょっとして、あたしが退学しかかっている事がバレた?



いや、でもあの先生に限ってそんな情報を漏らす事は無いハズだけど。



「待ってたわよ、遊里」いつも聞きなれた声の主は私の想像とは違った表情をしていた。



その表情は・・・・・・何というか。



不敵な笑み、というべきだろうか。



「・・・・・・どうしたの?ヘンな顔をして」



・・・・・・深く考えていた自分が何だかおかしくなってしまった。



笑いをこらえ切れずに口を押さえる。



「何よ、もう」と稲穂はちょっとムッとしていた。



バカよね、あたし。稲穂の真面目な性格を考えればすぐ分かったのに。



稲穂はただあたしとデュエルしたかっただけだったのよ。



・・・・・・ん?でもそれって・・・・・・



「もう、そんな所に突っ立ってないで早く始めるわよ」



稲穂はデュエルディスクを腕にセットしながら付け足す。「デュエルしたくてウズウズしてたんだから」



「ええ、いいわよ。こっちももちろん楽しみだったんだから」



あたしは相手と対する所に立って、同じようにディスクをセットする。



「「デュエル!!」」



「先攻は遊里に譲るわ」稲穂がカードを引きながら言う。



あたしはクスッと笑って言った。「何か竜也さんみたいね」



「先攻はお前に譲ってやるぜ」は稲穂が大ファンの竜也さんがよく言う言葉の一つ。



「いいから早く始めようよ」



「アハハ、ごめん。あたしのターン、ドロー」



さあ、いよいよデュエルね。



「モンスターをセット。そしてカードを1枚セットしてターンエンドよ」



「シンクロモンスターを出さないの?早く出してよ」



「まだ後のお楽しみにとっておきましょ」



「まあいいわ、ドロー。ドル・ドラを召喚」稲穂はカードをディスクに置く。



ドル・ドラ ATK 1500



双頭の竜が場に現れる。



「ドル・ドラでセットモンスターに攻撃」



双頭の竜が魔術師に火を噴くが弾かれる。



稲穂 LP 4000 → 3700



「守備力の高い壁モンスターだったのね。カードを1枚伏せてターン終了」



「あたしのターン、ドロー」



「さあ出しなさい!シンクロモンスターを」



「どうやらまだ待たなきゃいけないみたいよ」



「え~っ待ちきれないよ」という稲穂の声を聞きながらあたしはカードを出す。



「シャドウ・マジシャン ジミィを召喚するわ」



シャドウ・マジシャン ジミィ ATK 1000



男の影の魔術師が現れる。



「ジミィは1ターンに1度、このカードの攻撃力よりも


守備力が低い場のモンスター1体をゲームから除外する効果を持っているわ」



「でもドル・ドラの守備力の方が高いわ。その効果は使用不可能よ」



「だからこうするの。装備魔法・混沌の秘宝をジミィに装備。攻撃力を700ポイント上げる」



ジミィ ATK 1000 → 1700



「そしてジミィの効果を使いドル・ドラをゲームから除外するわ」



稲穂がモンスターを場から外しながら「やるわね」とつぶやく。



「そしてジミィの効果でこのカードのコントロールを相手に移すわ」



共に戦った魔術師が相手の場に移動していく。



「あたしはカードを1枚伏せてターンエンド」


チャイムの音が鳴った。



先生がクラスを出て静かな空間に一気に話し声が放出される。



「ふうぅ~。やっとお昼かぁ」とあたしは机の上にへたれ込む。



自習の時間は寝そうで辛かった。いつもだったら稲穂が声をかけてくれるんだけど。



振り向くとそこに稲穂はいなかった。



カフェテリアに行くの早いな、と思いながらあたしも道具を片づける。



千香ちゃんの席も見たがやはり千香ちゃんもいない。



あたしは「調子狂うなぁ」と感じながらもカフェテリアに向かう事にした。



dtime



あたしはカフェテリアに入り、あたりをきょろきょろ見回した。



回りの学生達はファッション雑誌やプロデュエリストの名鑑などを手に


自分達の熱中する話題に花を咲かせていた。



いつもの席に行くと、ちょうど稲穂が食べ物を乗せたトレイを持って


こちらに来る所だった。



稲穂はこちらを見ながら歩き寄って来る。



「あたしはまだ注文をしに行ってないんだ」と座る稲穂の隣に寄りながら話しかける。



「う~ん・・・・・・」と稲穂は何だか苦しげに返事をする。



「どうしたの?」とあたしは声を掛けてトレイの上を目にする。



「やけに少ないじゃない。今日は体調悪いの?」



「うーん、そうじゃないんだけど・・・あの」と稲穂は何か言いたさ気だった。



「え?」



「今日の昼休み、私とデュエルしてくれるかしら」



「え、どうしたの急に」意外な言葉が出たのでびっくりした。



「いや・・・そのね・・・・・・」と言って稲穂は深呼吸する。



「私はデュエリストとしてあなたにデュエルを申し込むわ!」



大きな声が周りに響く。半径10mの視線を釘付けにする力のある声。



稲穂は頬を赤らめながらトレイを持って早足で向こうへ行ってしまった。



「あ、遊里ちゃん~♪買えちゃったよぉ~今日発売の新スイーツ~。


まさにほっぺたが落ちる味だよ~。早く並んでおいて正解だったよ~」



あたしを見つけて声を掛ける千香ちゃんに返事ができない程あたしは呆気にとられていた。


あたしはクラスの教室まで来ていた。



ちょうどホームルーム終了の鐘が鳴る。



よかったっ。



途中で親切な男の人に助けてもらったのが幸いだった。



出欠は取らないから後ろからこっそり入ればバレないかも。



あたしは扉を開けると素早く席に座り込む。



しかしあの悪魔がそれを見逃している筈もなかった。



「水分、またお前か・・・・・・」



「すいません、本当に今回はすいません!倍にして返しますから!」



「・・・・・・まだ何も言ってないぞ」



うわっ!避けようとして逆に当たってしまった!



「お前の素行は本当に酷い」



うわっ、来たよー。



「更生してやりたいのは山々だが、今回だけは見逃してやる」



先生は不服そうな面持ちで言った。



やった!超ラッキーじゃん!



「今朝は校長も学校に来ていないのだ。理事長にアクシデントがあったらしくてな」



あたしはもっともらしく頷いて応える。その後言っていた事はあまり聞き取れなかった。



先生が向こうへ行くとあたしはほっと一息ついて席に着く。



「おはよう、遊里」と稲穂があいさつをする。「今日は運が良かったわね」



「おはよー。まぁね」とあたしは答える。いや、本当だよ。



あたしはバッグから学習用具を取りだした。



前の席から「おはよう~」と千香ちゃんが歩いてくる。



「おはよう、千香ちゃん」とあたしは返す。



「遊里ちゃん疲れてそうだね、大丈夫~?」



「えぇ、まあ、大丈夫よ。危ないところだったけどね・・・・・・」



「今回の勝因は~?」



「別に勝ってないわよ、今回は。遅れちゃってるし」



「そうなの~」と千香ちゃんは残念そうな表情を見せる。



「さぁ、そろそろ授業ね。準備しないと」



「うん、そうだね~」



thecalculator



* * * *


登場人物事典(1)


水分 遊里 (ミクマリ ユウリ)

デュエルアカデミアの2年生。


熱いハートと強い正義感を持つ女子高生。


しかし自分のデッキを上手く扱えずデュエルでは負けっぱなし。


その為にデュエルアカデミアを落第しそうになっていた。


しかしある時「シャドウ・マジシャン」のカードに触れる事によって


大きく運命を変える事になる。


最初は彼らに力を貸す事に乗り気ではなかったが


エミリィがきっかけとなって闇の力をデュエルに使う事を決めた。


「ん・・・・・・」



あたしは目を開く。いつも見慣れた天井がそこにあった。



目に突き刺す日差しを腕で遮り、それから布団の中に潜り込む。



今日は結構天気がいい日なのね・・・・・・



あたしは布団の中でゆっくりパジャマのボタンを外しながら、昨日の出来事について考える。



この世界が悪意を持った誰かに滅ぼされようとしているなんて信じられなかった。



でもそうしたらあの黒い服のデュエリストは何だったのだろうか。



あたしはモヤモヤした気持ちのまま布団から顔を出して枕元の時計を見た。



時計の針はいつもの朝と違った形だった。



7時45分。



え。。。



エェーーーーーーーーーーッ?!






timewizard






10分後、あたしは大都会の真ん中を横切るように走っていた。



やばい、遅れちゃう・・・・・・!!



遅れそうになって走った事は無いわけではない。



ただ今日は本当に日が悪い。



もうすぐアカデミアの生徒に残れるかどうかを決める試験があるのだ。



生徒でいられるかどうか分からないのに、信用を落とすような事をしていいわけがない。



しかし通勤ラッシュ時の大都会はそうそう切り抜けられるものではない。



車道を見ると脇にセキュリティのバイクと前面がひしゃげた車が止まっていた。



大方追い越しとかの無茶な事をしたのだろう。



さてそろそろ時間がなくなって来た。次の横断歩道を渡るといよいよ学校だ。



あーもう時間がない!



アカデミアの生徒が走って横断歩道を通り抜ける。



そしてちょうど信号が赤になる。



あたしは信号の前で止まる。車が列をなして走り出す。



う~っ、時間がないのに!



アカデミアのモバイルを見ると時間には思ったより余裕があった。



一息ついた時にすぐ近くから人の声が聞こえた。



「ちょっと、そこの若い子よ」



見ると、腰の曲がった小さな老婆がそこにしゃがみこんでいた。



「助けてくれんか」



「どうしたんですか」と言って歩き寄る。



「寄る年波には勝てんでな。腰が酷くて。」



何というタイミングの悪さ。



「大変ね。救急車を呼ばないと」



「う~、病院まで連れて行ってくれんかの」



あたしは苦笑しそうになった。「そうしたいのは山々だけど、時間がなくて」



あたしが電話をかけようとすると老婆のうめき声が聞こえた。



時間がないのに!!学校が見えているのに遅刻?!



病院は学校の真反対側にある。行ったら遅刻は避けられない。



困った人は見捨てる事ができない。それも困った事だ。



女子高生にとって人をおぶる事は簡単ではないけど・・・・・・



「まぁ、しょうがないわね」


««BACK  | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。