英検準1級単語ドリル 黒猫版



QRコード

QR

検索フォーム


最新記事


最新コメント


関連広告


カウンター


カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ


■ フリースペース ■

フリースペースです。
好きな事をご自由に書いて利用してください。

尚、不要な場合は「HTML編集」の<!-- フリースペースここから -->~<!-- フリースペースここまで --> を削除してください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
男が叫ぶ。「私のターン、ドロー!」


「カオス・ガーディアンを攻撃表示で召喚」


カオス・ガーディアン ATK1400


「カードを1枚伏せてターンエンド」


「あたしのターン」デッキを見つめる。


前のデッキは男の放った闇に飲み込まれてしまった。


かけがえのない、思い出の詰まったデッキ。今までともに戦ってきてくれたデッキ。


それはいとも簡単に闇に葬り去られてしまった。


これが・・・・・・


あたしの新しいデッキなの?


「ドロー」と言って私はデッキからカードを引く。


あたしは・・・・・・どうすればいいの?どうやればあいつに勝てるの?


教えて・・・・・・助けて。


そう思った時、あたしの意識はぼんやりと眠りに入った・・・・・・




ピチャン。


ん・・・


ここは?


どうやらあたしは水のあるところにいるらしかった。


「気づいたみたいね」


そこには誰かいるらしかった。少女の声だ。


まぶたを開けて身体を起こしてみると、そこには黒装束の少女が立っていた。


いや・・・・・・黒装束というよりも。


少女の着ている服は真っ黒でなめらかなつやつやとした布でできていた。


ボタン2つで軽めに留められた服は、どちらかというとローブに近い。


そして彼女の頭には、少しぶかぶかぎみのとんがり帽子が乗せられていた。


「あたしはエミリィ」自己紹介を始めた。「魔女よ」


・・・・・・魔女?!


「魔女って・・・・・・あの?ヨーロッパにいたっていう?」あたしは尋ねた。


「あなたがどんなイメージを持っているか知らないけど、あたしは魔女なの」と一呼吸でいいきるように答えた。


へえ・・・と思いながら少女をなめるように見渡す。


「なんであたしはここに?」


「私達の助けを求める声を聞いたからよ」


「そんな声聞いてないわよ」


「せーかくには、その通り。私達が出したのは黒いエーテルね」


「エーテルって?」


「うーんとね、この世の中を流れる第二の大気ってところかな」と少女は腕をひろげながら説明する。


「第二の大気・・・」


「そーよ。第一の大気はせーめい・肉体を充たす大気。そして第二はせーしんを充たす大気よ」


「それって魔力とかと関係あるの?」


「もちろん」彼女はにやっと笑った。「あなた、素質あるかもね」ほめてくれた?


それって何の素質?


「エーテルは人々のせーしんの間を行ったり来たりしているの。それだけじゃない」と目を意味ありげに動かした。


「何ができるの?」


「エーテルを扱う人は人間の気持ちや、その人のしょーらいを見通せる。すごい人はね」


「そんな人いるの?」私の目は好奇心の目だった。


「いいや、そんな人全然聞いたことないけどね」


あらっ。


「あなたたちは一体何者なの?」


「私達は影の魔導師。世界を影の里から見守ってきた。この人間界とデュエルモンスターズの世界をね」


「影の・・・魔導師・・・・・・」


「そーよ。私達はエーテルを扱ってる専門職みたいなもん。そしてそれにはりゆーがあるの」


「理由って?」


「世界を救うためよ。それがあなたを呼んだりゆー」


すごく難しそうな事を簡単に言われた!


「いいわね?あなたは私達と一緒に世界を救うの!」

スポンサーサイト

コメント

■ 

がんばれ!遊里!

■ 


いきなり話が壮大になってきた
盛り上がってきましたネ

というコトは遊里が使うカードは魔法使い族カナ??

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://mistvalleywetland.blog105.fc2.com/tb.php/58-04dcdfab

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。