英検準1級単語ドリル 黒猫版



QRコード

QR

検索フォーム


最新記事


最新コメント


関連広告


カウンター


カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ


■ フリースペース ■

フリースペースです。
好きな事をご自由に書いて利用してください。

尚、不要な場合は「HTML編集」の<!-- フリースペースここから -->~<!-- フリースペースここまで --> を削除してください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。主です。



まずは下記をご覧下さい。



「魔導書整理」 → "Pigeonholing Books of Spell"


「隠された魔導書」 → "Hidden Book of Spell"



違いにお気づきになっただろうか。「隠された魔導書」は「s」がない。



「魔導書士 バテル」は「魔導書」と名のついたカードだから


「Books of Spell」のカード名はつく事になる。



なお、「魔導」と名のついたモンスターの場合どうなるか。






「神聖魔導王 エンディミオン」 → "Endymion, The Master Magician"


「魔導戦士 ブレイカー」 → "Breaker the Magical Warrior"


「魔導師の力」 → "Mage Power"


「メガトン魔導キャノン」 → "Mega Ton Magical Cannon"






このように、カードによって名前にバラツキがあるのが分かる。



もしいいかげんに「Magical」を「魔導」にしてしまった場合、


「マジカル・コンダクター」など本来は含まれないのが含まれる事になってしまう。






英訳がどうなるのかが興味深い。ぜひとも適訳を見つけてほしいものである。


スポンサーサイト

コメント

■ 

海外のカードは
一文字あるかないかでカードの価値が変わってきますね… 

隠された魔導書は
英語版はエレキのように特別な処置が取られそうすね。

■ No title

>>CINDERさん


アマゾネスの射手みたいにカード名の変更がありそうですね。


変更するくらいなら初めから同じ名前にすれば・・・・・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://mistvalleywetland.blog105.fc2.com/tb.php/412-fbd90c9a

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。