英検準1級単語ドリル 黒猫版



QRコード

QR

検索フォーム


最新記事


最新コメント


関連広告


カウンター


カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ


■ フリースペース ■

フリースペースです。
好きな事をご自由に書いて利用してください。

尚、不要な場合は「HTML編集」の<!-- フリースペースここから -->~<!-- フリースペースここまで --> を削除してください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(2011/6/9  初稿)



こんにちは!ウィンダよ。



主は新ストラクチャーデッキ「デビルズ・ゲート」に「闇の誘惑」が再録されるのを聞いてがっかりしたみたい。



どうやら、海外のストラクチャーデッキをわざわざ購入したみたいだけれど・・・・・・。



ところで、ネットで「月読命」はなぜ禁止から制限に復帰しないの?とか、


次の制限改訂で制限に復帰するんじゃないの?といった予想を見かけたわ。



「大嵐」や「同族感染ウィルス」のように


フィールドを一掃する能力を持っているわけではないのに禁止なんて。


確かに、私は彼女がなぜ禁止なのか、という事に興味があるわ。



今回は彼女が本当に禁止であるべきなのかについて検証してみるわね。



まず、彼女の能力を見てみる。。。


スピリットモンスター
レベル4/闇・魔法使い/ATK1100/DEF1400
このカードは特殊召喚できない。
召喚・リバースしたターンのエンドフェイズに持ち主の手札に戻る。
このカードが召喚・リバースした時、
フィールド上の表側表示モンスター1体を選択し、裏側守備表示にする。



ここから彼女の特徴をまとめると、


1.下級で低攻撃力、低守備力。


2.闇属性、魔法使い族。


3.特殊召喚できない。


4.召喚・リバースした場合、そのターン中に手札に戻ってしまう。


5.召喚・リバースした時、モンスター1体を裏側守備表示にする。


って事になるわね。



この1~5の特徴の中に、このカードが禁止になる理由があるのよね。



次回、このカードの能力を詳しく解析するわ。



じゃあ、またね!


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://mistvalleywetland.blog105.fc2.com/tb.php/4-22bce96c

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。