英検準1級単語ドリル 黒猫版



QRコード

QR

検索フォーム


最新記事


最新コメント


関連広告


カウンター


カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ


■ フリースペース ■

フリースペースです。
好きな事をご自由に書いて利用してください。

尚、不要な場合は「HTML編集」の<!-- フリースペースここから -->~<!-- フリースペースここまで --> を削除してください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイトル通り、緊急の更新です。



そのため、21日までコメントは控えて下さい。



また、コメント返信も21日からとします。もうすこし待って下さい。拍手してくれっ!



続きからどうぞ



最近、「混沌の黒魔術師」が禁止から復帰するのではないかという噂が増えています。



海外の「バトルパック」に収録が決定した事が根拠だとされています。



本当に制限に戻るのでしょうか。



僕の考えを言わせてもらうと、3月の改訂で復帰する事はないと思っています。



まず第一に、コナミの禁止・制限改訂のスタンスです。



コナミの改訂は、①規制の方が目立つ改訂、②緩和が目立つ環境を一新する改訂を繰り返しています。



近年で言うと、ライトロードやアンデットの大幅規制が目立った2010年3月


ブラック・ホールと大嵐の入れ替えが行われた2010年9月


六武衆やBFが規制された2011年3月


開闢が復帰した2011年9月というようにです。



ただ例外もあり2009年は3月の方が緩和は多かったです。



コナミは何故このようなスタンスをとるのでしょうか。



ブラック・ホールや開闢がGSに入ったようにGSの売り上げ増を狙ったものではないかと思っています。



9月に復帰させれば回収が間に合わずGSを利用するプレイヤーも増えます。



反して、3月に復帰させてもGSに出る頃には話題から外れる事さえあります。



プレイヤーの話題、回収熱を狙うのは企業にとっては美味しいです。



第二に、バトルパックへの収録は根拠にはならないという事です。



バトルパックには同じく禁止の「黒き森のウィッチ」や「処刑人-マキュラ」も収録されています。



それらのカードも制限に復帰するのでしょうか?答えはノーです。



ウィッチはクリッターが使われている現環境では復帰はムリです。



マキュラは1ターンキル以外にも使い道はあるでしょう。



という事で別にフラグは立ってないので復帰はしないでしょう。



開闢は1枚だけ不自然に流れ込んだので怪しまれましたが混黒はおまけつき。



ただ、混黒が復帰する可能性自体がないとは思ってません。



GSにも入れやすいフィニッシャータイプの大型モンスターですし


ループが現環境で強いかといえばそうも思いません。



混沌空間の登場も一種のフラグにはなってます。こいつで使い回せ・・・・・・と。



さらにコナミは改訂に毎回サプライズ枠を織り込みます。



ブラック・ホールや開闢はその最たる例です。



ただ復帰するとしたら9月でしょうね。



と言う事で僕の意見を取り込んだ新しい禁止・制限予想。



新禁止カード 「精神操作」「ダスト・シュート」「氷結界の龍 トリシューラ」「貪欲な壺」


新制限カード 「同族感染ウィルス」

       「創造の代行者 ヴィーナス」「甲虫装機 ホーネット」

       「血の代償」「墓穴の道連れ」「ゼンマイマニュファクチャ」


新準制限カード 「朱光の宣告者」「TG ストライカー」

        「異次元からの埋葬」「神聖なる球体」

        「光の護封壁」「レベル制限B地区」

        「ライトロード・サモナー ルミナス」

        「モンスターゲート」「エヴォルカイザー・ラギア」


新無制限カード 「デステニー・ドロー」「王家の生け贄」「魔法石の採掘」

        「魔法の筒」



コナミがやるんだからこれくらい大幅な緩和もありそう。



月の書は願望(帰れ)



ではまた21日にお会いしましょう。



追記


「遊戯王☆カード検索」さんで「マジック・プランター」の閲覧数が増えてます。



昨日3位で、今日は「禁じられた聖槍」を抜き2位です。



何故注目が集まっているのかは不明。



閲覧数は普段見てませんけど、たまに見ると面白いかもしれませんね。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://mistvalleywetland.blog105.fc2.com/tb.php/314-7f18c1db

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。