英検準1級単語ドリル 黒猫版



QRコード

QR

検索フォーム


最新記事


最新コメント


関連広告


カウンター


カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ


■ フリースペース ■

フリースペースです。
好きな事をご自由に書いて利用してください。

尚、不要な場合は「HTML編集」の<!-- フリースペースここから -->~<!-- フリースペースここまで --> を削除してください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
稲穂のデッキはよく作りあげられてるわ。



普段から成績もよくて真面目に勉強してるし。



あたしに勝とうっていう気持ちが、ハートが伝わってくる。



でもあたしも負けない!



親友として今、一番の力を見せる時よ。



「あたしのターン、ドロー!」



引いたカードは・・・・・・



「シャドウ・マジック-ストレンジ・サモンを発動!


デッキからレベル3以下のシャドウ・マジシャンを


相手の場に特殊召喚する。エミリィを特殊召喚!」



黒髪に黒装束の影の魔術師が場に現れる。



エミリィ DEF 400



「私の場にモンスターを出すって事は何か考えがあるって事よね」



そう、その通り。



「もちろん!エミリィは相手の場にいるときシンクロ素材とする事ができるわ。


レベル2のシャーリィにレベル3のエミリィをチューニング。


光と影交わる時、音無き世界の住人が到来する。


シンクロ召喚!現れて、シャドウ・マジシャン サイレント・カオス!」



地上に触れる事のない異形の魔術師が光の中から降り立った。



サイレント・カオス ATK 2300



「すごい、すごいわ、遊里!」稲穂が熱っぽく叫ぶ。「2体目のシンクロだなんて」



あたしはちょっぴり照れくさくなった。



「シャドウ・マジシャン シャーリィの効果により稲穂の場の全てのモンスターは


攻撃力が500ポイントダウンするわ」



ダイヤモンドドラゴン ATK 2900 → 2400



「そしてサイレント・カオスでダイヤモンドドラゴンに攻撃!


モンスター効果を使うわ」



「確か・・・・・・攻撃力を上げる効果よね」



「その通り。手札からシャドウ・マジックと名のついたカードを2枚まで墓地に送り、


送った枚数1枚につき、攻撃力が500ポイントアップするわ。


あたしは手札のシャドウ・マジック-シャドウ・ドールを墓地に送る」



サイレント・カオス ATK 2300 → 2800



「サイレント・カオスの攻撃!『ダーク・エグゼキューション』」



サイレント・カオスは姿を消す。



そしてドラゴンの背後に現れるとそこから至近距離で魔法をぶつけた。



稲穂 LP 3600 → 3200



「まだまだよ」と稲穂の元気はまだまだあるようだった。



「稲穂・・・・・・」



「遊里?」



「あたし、稲穂とこんな楽しいデュエルができるなんて知らなかったよ。



あたし、今まで、カードの使い方もよく分からなくって・・・・・・



なかなか稲穂といいデュエルができなかった」



「私は別に今までのデュエルも楽しいと思ってたわよ」



「本当に・・・・・・?」



「うん。遊里といっぱいデュエルして強くなって、大会に出て。


そうしてこの学校でいい思い出をたくさん作れるって」



「・・・・・・」



「昨日のは・・・・・・いい思い出じゃなかったし。


それに。デュエルしてた遊里、何だか楽しそうじゃなかった。


私は・・・・・・その。遊里に楽しくデュエルをしてもらえればと思って・・・・・・」



稲穂はうつむいていた。



「稲穂、ありがとう。あたし今、とっても楽しいよ」



「ど・・・・・・どういたしまして」



「?、稲穂?」あたしは稲穂に駆け寄ろうとした。



その時、嫌らしい声があたしの横から聞こえてきた。



「あらあら、水分さんではありませんの」



あたしはその声の主、クレア・ボールドウィンの方を向く。



「ご機嫌よう?」



「ご機嫌よう?じゃないわよ。今忙しいの、見ればわかるでしょ」



「それは失礼しましたわ。でも忙しいにしては随分おゆるいデュエルですのね」



「何ですってー?あんた、あたしの事バカにしてるの?」あたしはクレアの方に詰め寄る。



「バカになどしておりませんわ。ただデュエリストにはそれぞれの力量があるというもの。


モンスターももっと有効に使われなければ勿体ないものですわ」



「やっぱりバカにしてるじゃん!」



「よければわたくし達のためにそこを空けてくださらない?


わたくし達は次の校内大会の練習がありまして。


ティーチングデュエルならいつでもできますわよ」



「ティーチング・・・・・・って!またあたしの事バカにして!


あたしだって次の大会の練習やってるのよ。見れば分かるでしょ。


おゆるいのはあんたの頭の方じゃないの」



クレアはキッとなった。「随分と無礼な!


庶民のくせに何たる狼藉!信じられませんわ。


あなたのような人がデュエルアカデミアにいるなんて」



あたしもかっとなった。「あたしもあんたみたいな無神経なのは初めてよ。


デュエルで決着をつけようじゃない。


あたしのデッキがいかにあんたのデッキより強いか見せてやろうじゃないの」



「そこまでいうなら見せてもらおうじゃありませんの。


あなた程度じゃ準備運動にもなりませんわよ」



「臨むところよ、あんたのデッキはあたしがボコボコにしてやる・・・・・・?」



あたしの目の前を何者かが遮った。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://mistvalleywetland.blog105.fc2.com/tb.php/282-bab3d405

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。