英検準1級単語ドリル 黒猫版



QRコード

QR

検索フォーム


最新記事


最新コメント


関連広告


カウンター


カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ


■ フリースペース ■

フリースペースです。
好きな事をご自由に書いて利用してください。

尚、不要な場合は「HTML編集」の<!-- フリースペースここから -->~<!-- フリースペースここまで --> を削除してください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あたしはクラスの教室まで来ていた。



ちょうどホームルーム終了の鐘が鳴る。



よかったっ。



途中で親切な男の人に助けてもらったのが幸いだった。



出欠は取らないから後ろからこっそり入ればバレないかも。



あたしは扉を開けると素早く席に座り込む。



しかしあの悪魔がそれを見逃している筈もなかった。



「水分、またお前か・・・・・・」



「すいません、本当に今回はすいません!倍にして返しますから!」



「・・・・・・まだ何も言ってないぞ」



うわっ!避けようとして逆に当たってしまった!



「お前の素行は本当に酷い」



うわっ、来たよー。



「更生してやりたいのは山々だが、今回だけは見逃してやる」



先生は不服そうな面持ちで言った。



やった!超ラッキーじゃん!



「今朝は校長も学校に来ていないのだ。理事長にアクシデントがあったらしくてな」



あたしはもっともらしく頷いて応える。その後言っていた事はあまり聞き取れなかった。



先生が向こうへ行くとあたしはほっと一息ついて席に着く。



「おはよう、遊里」と稲穂があいさつをする。「今日は運が良かったわね」



「おはよー。まぁね」とあたしは答える。いや、本当だよ。



あたしはバッグから学習用具を取りだした。



前の席から「おはよう~」と千香ちゃんが歩いてくる。



「おはよう、千香ちゃん」とあたしは返す。



「遊里ちゃん疲れてそうだね、大丈夫~?」



「えぇ、まあ、大丈夫よ。危ないところだったけどね・・・・・・」



「今回の勝因は~?」



「別に勝ってないわよ、今回は。遅れちゃってるし」



「そうなの~」と千香ちゃんは残念そうな表情を見せる。



「さぁ、そろそろ授業ね。準備しないと」



「うん、そうだね~」



thecalculator



* * * *


登場人物事典(1)


水分 遊里 (ミクマリ ユウリ)

デュエルアカデミアの2年生。


熱いハートと強い正義感を持つ女子高生。


しかし自分のデッキを上手く扱えずデュエルでは負けっぱなし。


その為にデュエルアカデミアを落第しそうになっていた。


しかしある時「シャドウ・マジシャン」のカードに触れる事によって


大きく運命を変える事になる。


最初は彼らに力を貸す事に乗り気ではなかったが


エミリィがきっかけとなって闇の力をデュエルに使う事を決めた。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://mistvalleywetland.blog105.fc2.com/tb.php/269-e476282a

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。