英検準1級単語ドリル 黒猫版



QRコード

QR

検索フォーム


最新記事


最新コメント


関連広告


カウンター


カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ


■ フリースペース ■

フリースペースです。
好きな事をご自由に書いて利用してください。

尚、不要な場合は「HTML編集」の<!-- フリースペースここから -->~<!-- フリースペースここまで --> を削除してください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「シンディの効果発動。


戦闘で破壊され墓地へ送られた時」


あたしは墓地からカードを取りだす。



「墓地の影の魔導師2体を除外する事で、


デッキから守備力1000以下の


影の魔導師1体を手札に加える」


デッキを見る。



(あいつに勝つには・・・)


(シンクロ召喚しかないわ!)


「あたしはアニィを手札に加える」



「ターンエンド」



「あたしのターン、ドロー」



よし、いける!!



「シャドウ・マジシャン アニィ召喚」


緋髪金眼の少女が現れる。


「アニィの効果発動。


手札のレベル4以下のシャドウ・マジシャンを特殊召喚する。


あたしはレベル3のウィリィを特殊召喚」



「何かと思ったら雑魚を並べただけか。


反論するなら実力をつけてからにしろよ」



「それはどうかしら?


レベル3のウィリィにレベル2のアニィをチューニング」



2体のモンスターが緑の光に包まれる。



「シンクロ召喚!現れろ、


シャドウ・マジシャン サイレント・カオス!!」


ATK 2300


魔導師がその名のように音を立てずに舞い降りる。



「すごい、遊里・・・シンクロ召喚を・・・」



稲穂の声が聞こえる。



「シンクロ召喚・・・・・・だと?」



相手の眉がぴくりと動く。



「そうよ、あたしはシンクロを身に付けた。


そしてそのシンクロであなたをブッ倒す!!」



「フン、調子に乗るなよ。


お前がいくらシンクロ出来たとしてもあたしには勝てないよ」


と相手は不敵に笑う。



(攻撃力はあたしのモンスターの方が上なのに・・・?)



「ロアリング・タイガーの効果発動。


このカードをリリースする事で、


相手はこのターンバトルを行う事ができない」



相手は一番攻撃力の高いモンスターを墓地へ送る。



(サイレント・カオスは戦闘時に効果が発揮される)


(攻撃を封じられた・・・!!)



「・・・カードを2枚伏せてターンエンド」



「あたしのターン、ドロー。


あたしは2体の虎をリリースし・・・


シャイニング・タイガー召喚!」



シャイニング・タイガー ATK 2900



「攻撃力2900ですって」


あたしは眼前の光輝く虎を見つめて言った。



「バトル!シャイニング・タイガーで


そのシンクロモンスターを攻撃!」



「罠発動。シャドウ・ガード!!


その効果によりあたしは二つの効果のうちどちらかか


両方を選択して発動する」


あたしのモンスターを黒い気が覆う。


その黒い気が厚い雲のようになり、相手の攻撃を妨げる。



「あたしは、影の魔術師を守備表示にして戦闘ダメージを0にし、


さらに戦闘破壊を1度だけ無効にする効果の両方を選択」



光の虎が怒りで咆哮する。


現実だったらビリビリして恐怖で立ちすくむ状況だ。



しかしこれは立体映像。



あたしは本物の魔術師の戦いを見たのだ。



本物の味を知った者にとって、


偽物の価値など取るに足らない。



「ターンエンド」



「あたしのターン。


モンスターを伏せてターンエンド」



「あたしのターン」


相手はカードをドローする。



「いい加減守備モンスターも見飽きたぜ。


とっとと諦めな」



相手はあたしの希望を砕くべく声を掛けてきた。



(諦めない・・・・・・)



あたしは相手をキッと睨みつけた。


「ムカツクよ・・・・・・てめぇのその顔」


閑灘は怒りに声を震わせた。


「そんな顔2度と出来ねぇようにしてやるよ。


バトル!」


光の虎が咆哮しこちらに猛スピードで走ってくる。



駆ける地面を砕きながら突進し、その勢いで魔術師に飛びかかった。


魔術師はその瓜で服ごと肉を抉られる。


そして牙で身体を砕かれる。



「シャイニング・タイガーの効果。


相手フィールド上のモンスター全てに


一度ずつ攻撃をする事ができる」



虎は裏守備のモンスターにも殴りかかる。



「あたしのシャイニング・タイガーは


効果モンスターの効果では破壊されない。


モンスターとの戦闘では無敵って事さ」


と相手は自慢げに語った。



しかしあたしは恐れてなどいない。


むしろ笑っていた。


これがそうなのね・・・・・・


一流のデュエリストが持つ感覚。



ピンチの時ほどワクワクしている感覚。



(あたしはこの状況を乗り越え・・・)



(絶対に勝ってみせる!!)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://mistvalleywetland.blog105.fc2.com/tb.php/178-a722f5c6

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。