英検準1級単語ドリル 黒猫版



QRコード

QR

検索フォーム


最新記事


最新コメント


関連広告


カウンター


カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ


■ フリースペース ■

フリースペースです。
好きな事をご自由に書いて利用してください。

尚、不要な場合は「HTML編集」の<!-- フリースペースここから -->~<!-- フリースペースここまで --> を削除してください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このままだとまずい・・・・・・



「くっ・・・罠発動」



あたしの場の魔術師から黒い棘が飛び出し


閑灘の身体に襲いかかる。



「シャドウ・スティング。


影の魔術師が攻撃対象になった時


相手に1000ポイントダメージを与える」


閑灘  LP 3700 → 2700



大きな虎が魔導師をかみ砕く。



遊里  LP 4000 → 3300



(っ・・・)


(ダメージを受けてしまった・・・)



あの時の痛みが蘇る。



このデュエルは実際には痛みはない。



そんな事は頭で分かっている。しかし身体は鮮明に覚えていた。



身体が勝手に反応してしまうのだ。



「あたしのターン、ドロー」



ごまかすためにカードを引いた。



このごまかしはいつまで続けられるのだろうか。



「トレード・シャドウ。手札の影の魔導師2枚を捨て、


デッキからカードを3枚ドローする。


ターンエンド」



あたしは気の遠くなる時間までここにいたような気がした。



「あたしのターン、ドロー。



リバースカードオープン」



え?このタイミングで?



「タイガー・コーリング。


フィールド上に上級タイガーがいる時、


墓地のタイガー1体を除外し、


手札からタイガー1体を特殊召喚する」



な、モンスターを呼びだすカード・・・ですって?!



「タイガー・リクルーターを特殊召喚」



ATK 1600



「バトル。リクルーターで裏守備を攻撃!」



シャドウ・マジシャン シンディ DEF 1000



「くっ・・・」



いつの間にかあたしは汗をかいていた。



シンディは相手の虎にやられてしまう。



「リクルーターの効果発動。


相手モンスターをバトルで破壊した場合、


デッキから攻撃力1000以下の虎1体を場に出せる」



タイガー・ボルトスタン  ATK 1000



「2体の虎でお前にダイレクトアタックだよ!」



2体の虎があたしに襲いかかる。



「うああぁっ!!」



LP  3300 → 100



「遊里っ!!」


稲穂が叫ぶ。



(このままじゃ・・・負ける)



あたしは恐怖さえ覚えながら感じた。



相手はそれに気づいていない様子だった。



「この程度でよくあたしに歯向かったよな、お前」


閑灘は稲穂を指さしながら続ける。


「こんな奴のために・・・・・・


友達とか言って、身体張るのもどうかしてるぜ」



稲穂の方に寄って、彼女の頬をつねったり髪を引っ張ったりする。



「所詮は友達を守るったって何も出来はしないね。


そういう馬鹿は身の程をわきまえろ」



「黙りなさい」あたしは一喝した。



「稲穂をこんな奴呼ばわりするなんて・・・・・・


許せない!今すぐ離れなさい!!」


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://mistvalleywetland.blog105.fc2.com/tb.php/177-809723c3

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。