英検準1級単語ドリル 黒猫版



QRコード

QR

検索フォーム


最新記事


最新コメント


関連広告


カウンター


カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ


■ フリースペース ■

フリースペースです。
好きな事をご自由に書いて利用してください。

尚、不要な場合は「HTML編集」の<!-- フリースペースここから -->~<!-- フリースペースここまで --> を削除してください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「あたしは手札から魔法を発動する」


あたしはカードを表向きにして差し込む。


「シャドウ・マジック-ストレンジ・サモン。


このカードは相手の場に影の魔導師を1体特殊召喚する」



「あたしの場にモンスターを?」と相手は聞いた。



「そうよ。あたしはこの効果でエミリィを特殊召喚する」



シャドウ・マジシャン エミリィ DEF 400


(頼むわよ)


とあたしは心の中で祈った。



(例えカードは離れても・・・心は一つ)



「シャドウ・マジシャン アンディ召喚」


とあたしはカードを置いた。



ATK 1600


男らしい筋肉隆々の姿は魔導師には似つかわしくない。



「アタッカーを召喚したようだけど。


あたしのモンスターの方が攻撃力を上回っている」



「それはどうかしら?


アンディは相手の場に影の魔導師がいる時、


攻撃力を400ポイント上げる」


ATK 1600 → 2000


「ちっ、攻撃力2000だと」


と相手は苦そうな表情をする。



「バトル。


アンディでバーニング・タイガーを攻撃!


『ダーク・フィスト』」



男の影の魔術師は相手の虎を殴り倒した。


LP 4000 → 3700


「くっ・・・」



「これがあたしのデッキの力よ」



(よし、これで決まった)


あたしは少々笑みをこぼした。


(攻撃力2000はそうそう上回れないはず)



「ターンエンド」



「こんなので勝ったと思ってんの?」


と相手は動じない様子だった。



「なっ・・・」



「それどころか・・・ありがとよ。


あたしの場にモンスターを残してくれて。ドロー」



(・・・あっ!)



あたしはそうか、という言葉を顔に出す。



「あたしはモンスターをリリースし・・・


・・・ロアリング・タイガー召喚」


ATK 2200



やってしまった、とあたしは手で顔を覆った。


「シャドウ・マジシャン」は相手の場に置かないと


効果が発揮されない。


つまり、それは相手に自分のモンスターを


利用されてしまうという事だった。



「バトル。ロアリング・タイガーで


その魔法使いを攻撃だよ!」



ヤ、やばいじゃん?!



攻撃を防げるカードがない・・・


スポンサーサイト

コメント

■ 


エミリィが拉致られたァ!!

魔法使い族にはブラック・マジシャンを筆頭に
マッスルブームが起きそうだな

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://mistvalleywetland.blog105.fc2.com/tb.php/175-7ca81ea0

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。